web制作会社レインボー・ジャパンのweb制作関連情報サイト

Googleデータポータルでwebサイトを簡単把握

Googleデータポータルでwebサイトを簡単把握

弊社ではGoogleデータポータルの設計・導入の支援をさせていただいています。 今回は皆様からよくいただくお声やGoogleデータポータルの利用事例をご紹介します。

Googleデータポータルって何?

Googleデータポータルは、Googleアナリティクスなどで取得したデータを、表や様々な形のグラフなど、視覚的にも分かりやすい形で共有できる無償のツールです。
弊社ではGoogleデータポータルの設計・導入の支援をさせていただいています。

よくいただく課題

webサイトの制作や運用の中で、よくお聞きするのが

・Googleアナリティクスは設定しているが、専任担当がいない、専門知識がない
・webサイトのアクセス状況を簡単に、タイムリーにみれない
・定期的にみたいが、都度担当者や外部に依頼するのは難しい
・いろんなデータを見るのが手間、時間がない

といったお声です。
webサイトをリニューアルしたものの、様々な仕事をかかえ、
手がまわらないというのが現実的なところかもしれません。

また、webサイト解析をされている担当者の方から「社内共有や、報告用のレポートをつくるのが面倒」といったご相談もよくいただきます。

webサイトのアクセス状況は重要な情報源の1つになることも多く、継続的に、かつタイムリーに見て、社内共有していきたいものです。

Googleデータポータルの使用例

どのように使っているか、ですが、もちろん様々です。

・webサイトのアクセス基本情報(アクセス推移、流入要因、コンテンツ状況)
・各KPIやコンバージョンの進捗、達成状況
・SEO状況や検索流入動向
・広告施策の効果測定
・ユーザ分布

などが設定例として挙げられます。
また、自社で管理している別データの取り込みや連携を行い、
Googleデータポータルで管理されているケースもあります。

さらに、把握だけでなく、レポート報告や、他部署間での情報共有に使っています。
(Googleアカウントをお持ちであれば、共有も権限管理も簡単に行えます)

また、レポートの期間設定が簡単に、都度変更できるので、各担当者が、商品の発売、展示会、対外イベントなど事業展開にあわせて、その期間のサイト状況の把握にも使っておられます。

最後に。
便利なツールですが、設定が「少しだけ」手間ではあります。
逆に最初にきちんと設計し、設定しておけば、運用は楽になります。
弊社ではその設計・設定の支援をさせていただいています。

ぜひ、「楽」をして、リニューアルなどをスタートに大事な営業情報を。