web制作会社レインボー・ジャパンのweb制作関連情報サイト

社員インタビュー デザイナー 斎木 崇

社員インタビュー デザイナー 斎木 崇

さまざまな案件にかかわりながら、専門分野のスキルを活かし、チームとして成果を出していくのがレインボー・ジャパンでの働き方。それでは、どんな人が働き、どんなことが求められているのか、各職種について紹介していきましょう。

Q. 仕事の内容を教えてください

コーポレートサイトやキャンペーンサイト、またアプリのデザインまで幅広く担当させてもらっています。画面デザインが主ですが、企画、構成など提案出来るところは積極的に提案していますし、それを受け入れてくれる土壌もあります。最近ではUI/UX設計や新しい技術の導入を踏まえたデザインを任されることも多くなったので、内外問わず開発の方と密なやりとりを行いつつ、デザインしていくことも多いです。
視覚的に美しいだけではなく、「体感」をアウトプットできるデザインを目指しています。

Q. 仕事のやりがいを教えてください

もちろんクライアントやユーザーに喜んでもらえたときはとてもやりがいを感じますが、それだけではありません。
レインボー・ジャパンでは、クライアント企業の業種は多岐にわたり、求められるデザインもさまざまです。
また、時代の流れも早いので、技術の進歩やトレンドに合わせて、その都度新しい課題にチャレンジできます。それらのプロジェクトを経験する毎に、デザイナーとしての自身の成長を実感しています。こうした部分にも大きなやりがいを感じています。

Q. レインボー・ジャパンならではのいいところは

デザインに対する理解が、社内に浸透していることが良いところだと感じます。例えば、日常業務の割り振りや椅子、デスク、モニタなど、当たり前のことかもしれませんが、制作に集中できる環境が整っています。
美術館や映画などの鑑賞費補助や資料用書籍の購入を広く認めてくれるなど、デザイナーにとって重要なインプットへの支援も充実しています。(ちなみにデザイナーだけでなく、社員全員にこの支援はあります)