web制作会社レインボー・ジャパンのweb制作関連情報サイト

コンペってどう進む?プロジェクトがスタートするまでの流れ

コンペってどう進む?プロジェクトがスタートするまでの流れ

webサイトを新規に作りたい、リニューアルしたい、UIを改善したい、運用会社を変えたい、そういうことをお考えの企業様へ。 web制作会社の選定に「コンペ」の開催を検討されている場合、どのような注意ポイントがあるのか? web制作会社視点でご説明します。

新規プロジェクトスタートはまず「ヒアリング」から

レインボー・ジャパンには「営業」という名前の職種がありません。

基本的には、お問い合わせいただいたお客様とお約束をし、まずお話をお伺いすることがプロジェクトのスタートになります。その場合、レインボー・ジャパンでは、営業的な視点を持ち、webサイト制作にも精通しているプロデューサーという職種の者が中心となって、ヒアリングをさせていただきます。
そこでお問い合わせいただいた企業様の

- プロジェクト背景
- お持ちの課題
- webサイトに含まれるコンテンツ
- webサイトが置かれている環境

などについてお伺いします。
ヒアリングも1回だけではなく、数回に渡ることもあります。ヒアリングをさせていただいた後、具体部分を質問リスト的なものをお送りして回答をお願いする場合もあります。
最初に企業様の置かれた状況を正しく把握し理解することは、目的に合致したwebサイト制作に繋げるため、また、企業様が求めることと、web制作会社レインボー・ジャパンが対応できることのミスマッチを防ぐ意味でもとても大切なことだと考えています。

レインボー・ジャパンの「提案」に対する姿勢

新規のお客様の場合、お問い合わせをいただいて、そのままプロジェクトがスタートするということもありますが、よくあるのは、コンペティション、略してコンペへの参加です。

企業様から数社にお声掛けをされ、広告代理店、コンサルティング会社、web制作会社などに提案やお見積もりを依頼し、その中で最も良いと判断されたweb制作会社1社に制作を依頼するという制作会社の選定方法です。

レインボー・ジャパンは、ただ、綺麗なものをつくるだけではなく、webサイトのオーナーである企業様やwebサイトを利用するユーザーの課題を解決するwebサイト制作を行っています。
制作の質には自信を持っていますので、コンペではなく、指名で制作のご依頼をいただくのが一番ありがたい、というのが本音です。

しかし、クライアント企業様にとっては、webサイト制作にどれくらいの費用が掛かるのか?どんなwebサイトにすればよいのか?という課題を抱えた状態でありますから、いろんなweb制作のプロの会社の意見を聞いてみるというのは良いことだと思います。

とはいえ、依頼する企業様もかたっぱしから制作会社に声をかけるということはせず、数社に絞ってお声がけされるのがほとんどだと思いますので、その会社の中にレインボー・ジャパンを入れていただくことは光栄なことだと考えています。

レインボー・ジャパンが参加するコンペでよくあるケース

そうやってお声掛けいただいたのがコンペの場合、それがどのように進むのか、レインボー・ジャパンでよくあるケースを簡単にご紹介したいと思います。

「提案」にかかる時間は?

「ヒアリングから提案まで」にどのくらい時間が必要になるのか。それはwebサイトの規模やご相談内容にもよりますが、およそ2週間から最大1ヶ月くらいというケースが多いです。

「提案」してもらうのにお金が必要?

明確な取り決めはありませんが、多くのケースにおいて、コンペ参加で費用の請求をすることは多くありません。

誰が提案内容を検討するか?

レインボー・ジャパンでは、webディレクターという職種の者が中心となって提案内容をまとめています。
実際の制作になればもっと人数は増えますが、コンペ時点では、プロデューサー1名、webディレクター1名、デザイナー1名、webマーケティングコンサルタント1名の計4名くらいが携わっています。

コンペで契約は必要?

正直ケースバイケースです。提案に際し企業様の機密情報をお知らせいただくこともありますので、まず秘密保持契約を最初に取り交わし、プロジェクトスタートとなってから業務委託契約を結ぶことが多いです。ここは企業様のご要望に応じ柔軟に対応します。契約書のフォーマットをお持ちでなければ、レインボー・ジャパンからその雛形をお渡しすることも可能です。

提案時に提出するものは?

多くのケースにおいて求められるのは

- 提案書
- サイトマップ
- 御見積書
- スケジュール
- 体制図
- デザイン
です。

ここは、ご依頼に合わせて柔軟に対応します。ただ、あくまで提案時には、課題に対する「考え」「施策」が提示すべき主たるものと考えていますので、それをお伝え出来る範囲で提示をさせていただきます。

コンペ時にページデザインは必須か?

限られた期間の中でデザインまで作るのはweb制作会社としてはまさに時間との戦いになります。それは企画提案の骨子やwebサイト全体の構造やボリュームが定まらないとページデザインには着手が出来ないからです。(ここで言う「デザイン」とは実際どのような見栄えになるのか確認出来るページイメージの制作、という意味です。)
デザインまで作るということは、実はwebサイト制作フローにおける「概要設計」までを完了させる、ということとほぼ同じことを意味します。

企業様にとって、実際にwebサイトになったらどのような見栄えになるのかを見たい、判断ポイントに使いたいと考えられるお気持ちは分かりますので、レインボー・ジャパンとしては可能な限り対応させていただいています。

プレゼンテーションって?

提案の期日に、提出物をクライアント企業様にお持ちし、「プレゼンテーション」を行います。
コンペの場合ですと、「40分」くらい提案内容をご説明するお時間をいただき、その後「10分から20分」くらい質疑応答を受け付けることが多いです。
web制作会社は、提出物を一式、印刷したものでお渡しします。
もしプロジェクターを使わせていただけるようであれば、それに投影しながら、提案内容のご説明をさせていただきます。

プレゼンテーションが終わったら

そこから1週間から2週間ほど、というケースが多いですが、企業様の方でご検討をいただき、最終的に残った1社に連絡を入れていただく、という流れになります。

いざ、プロジェクト開始

プロジェクトが開始となれば、改めてクライアント企業様とキックオフミーティングをさせていただき、

- スケジュールや体制の確認
- 提案書のフィードバック(やること、やらないことの確認すり合わせ等)
- 制作スコープの確認
- ゴールの確認

などを行います。

コンペ時はあくまで「考え」を提案することが主な役割だと考えていますので、実際の制作に入れば、より具体的なページの設計やサーバ・インフラ環境の構築など様々な要素が絡んできます。

そこにおいてもレインボー・ジャパンは、

- 各職能のプロが集う制作体制
- 分析や調査を踏まえた提案力
- 具体的な形にする制作力

を持っています。ぜひ安心してご相談をいただければと思います。

今回は、コンペというものを通した大まかなプロジェクトスタートまでの流れをまとめてみました。これらがすべて、という訳ではありませんが、web制作会社選定の一助になればと思います。