web制作会社レインボー・ジャパンのweb制作関連情報サイト

レインボー・ジャパンで働くということ クリエイティブ事業部長 菊池昭夫

レインボー・ジャパンで働くということ クリエイティブ事業部長 菊池昭夫

レインボー・ジャパンで働くということは、“成果を出すwebサイト”を目指し、日々実践を積み重ねていくことです。
成果とは、「クライアントのビジネス課題を解決する」こと。そのために、ユーザーニーズをはじめとしたサイト制作に必要な情報についての検討をする。そして、webサイト設計を行い、実際に構築する。その後、分析・検討・制作のサイクルを繰り返して、ユーザーニーズにマッチしたwebサイトにチューニングしていく。それぞれのフェイズでいろいろな職種の知識・スキル・実行力が活用され、“成果を出すwebサイト”は作られていきます。
その際、レインボー・ジャパンでは、分析・調査/企画・設計/制作・運用を一貫して行う体制を組んでプロジェクトを進めていきます。プロデューサー、webディレクター、webマーケティングコンサルタント、デザイナー、フロントエンドエンジニアなどの専門家がひとつのチームとして連携することで、メンバー全員のプロジェクトへの理解度や専門的視点の共有レベルが上がり、成果を出すための戦略や施策が最終アウトプットに反映されやすくなるからです。

全職種が担うこと

“成果を出すwebサイト”の質にコミットすること

成果を出すためのサイト制作では、戦略に基づいたサイト設計がとても重要です。この質がサイトの成果を左右すると言っても過言ではありません。設計の範疇は、大きく分けると「概要設計」「詳細設計」「サーバ・インフラ設計」の3つで、その中身は多岐に渡ります。参照:webサイト制作時に押さえるべき「3つの設計」
レインボー・ジャパンでは、制作会社ならではの実装に関する強みを生かした質の高い設計力をそれぞれの職種が発揮できるよう努力しています。

チームとしての視点をもつこと

レインボー・ジャパンは分業制をしいているので、各職種はそれぞれの専門以外の分野を補足しあう形で一緒に仕事を進めていきます。同じ職種の複数のスタッフで1つのプロジェクトを分担することや、他の人が手掛けた過去の案件を引き継ぐことも多々あります。
そこで、さまざまなスキル・ワークフロー・リスクヘッジポイントなどを会社の共有知とすべく、個々の気づきやアイデアを積み重ねています。チームとしての活動を尊重し、協力しあえる人が輝ける職場です。

主体性を持って働くこと

それぞれの専門職が専門職としての強みを発揮し、チームの力でプロジェクトを推進することが「クライアントのビジネス課題を解決」への近道だと考えます。言い換えれば、チーム全員が“自分なら何ができるか?”を考えていくこと、そして“プロとして積極的にチームに参加”していくことが期待されています。自分の意見をしっかり持ってぶつかり合える人には、とてもやりがいがある環境です。

それぞれの職種が担うこと

プロデューサーが担うこと

サイトの企画・制作・運用における責任者です。具体的には「方針策定、リソース管理、クライアントのビジネス課題解決に責任を持つ、成果物の質の管理、信頼関係の構築」などがあります。これらを継続的に行い、活用し、クライアントのゴールや成果に結びつけていくことがプロデューサーの大きな仕事です。

webディレクターが担うこと

一つ目は、クライアントのご要望の本質を見抜き、解決に導く方法を提案すること。次に、サイトのユーザー像を突き詰めた上のサイト設計をすること。そして、「お客さま⇔webディレクター⇔制作スタッフ」というコミュニケーションの核となること。
また、お客さまとの約束を守ること(納期、品質)を忘れてはなりません。当たり前のことを、ていねいに、大切に遂行できる会社でありたいと考えています。

webマーケティングコンサルタントが担うこと

まず、ターゲットユーザーを把握すること。そして、ターゲットユーザーにリーチするための基本的な情報を整理・検討することをリードするのが大きな役割です。
また、どうすれば各種施策を最適な形で検索エンジンに伝えることができるかなどのwebマーケティングコンサルタントとしての専門的な知識やスキルを高めることも大切です。

デザイナーが担うこと

webデザインにおいては、情報そのものをいかに魅力的に興味をひく見せ方ができるか、が重要です。そして、ユーザーニーズ・クリエイティブ・実装性などを意識し、UIUX・ビジュアル・更新性などがどうあるべきかを考え、webサイトとして集約していきます。
いろいろな要素をサイトの目的に応じて最適なバランスでデザイン(設計)するスキルが必要です。

フロントエンドエンジニアが担うこと

設計面では、大規模な展開や長期運用における状況変化を視野に入れた高い更新性と検索エンジンやモバイル端末への最適化、高いユーザビリティを実現できるスキルが大切です。
そして、技術やデザインのトレンドを適切な形で要件に落とし込み、先進性と課題解決を両立できるサイトの実現をプロジェクトの中でリードすることも重要な役割です。