web制作会社レインボー・ジャパンのweb制作関連情報サイト

社員インタビュー フロントエンド エンジニア 加島 嗣朗

社員インタビュー フロントエンド エンジニア 加島 嗣朗

さまざまな案件にかかわりながら、専門分野のスキルを活かし、チームとして成果を出していくのがレインボー・ジャパンでの働き方。それでは、どんな人が働き、どんなことが求められているのか、各職種について紹介していきましょう。

Q. 仕事の内容を教えてください

webサイトのフロントエンド全般の実装をしています。半々ぐらいの割合で、新規案件と、更新案件があります。
新規案件では、マークアップにとどまらず、サイトの設計、JavaScript、CMSの実装、サーバとの連携(i/f設計など)もあります。アニメーションをつくるのも仕事のうちでJavaScript・CSSなんかを使っています。
昔と変わって、最後にコードを書くというだけではなく、他の職種とクロスオーバーする部分が広がってきていて、企画や、デザインの段階から相談をされたり、提案をするような場も増えてきています。

Q. 仕事のやりがいを教えてください

どんなにステキなデザインでも、ソースがぐちゃぐちゃだったらサイトの価値は台無し。そこをいかに仕上げるか。さまざまな制約があるなかで解決策を探っていくこと、JavaScriptやCSSの可能性を自分がカタチにするところなど、私たちがしっかりしないとサイトは完成しません。スタッフからの頼られてる感は嬉しいですね。
作ったものを見せて「もっとこうしたい」など、より高いレベルで要望が出たときの期待されてる感もモチベーションです。また、「更新しやすいサイトだね」と言われたときの達成感はプロである自分の誇りを感じます。

Q. レインボー・ジャパンならではのいいところは

有名企業や注目のキャンペーンなど注目度の高いコンテンツに関わることができるのは魅力です。見てもらえる仕事は、その分社会に貢献していると感じます。
お互いに助けあえるメンバーがいるのも良い点です。FE(フロントエンドエンジニア)はFE同士で一緒に同じ作業をする機会は少ない職種ですが、レインボー・ジャパンのFEはチームとしての一体感が高く、それぞれ強みにしている部分を普段から共有し合って個人やチームとしてのスキルを高めています。また、デザイナーなど他の職種とも、意見交換もやりやすいなど、フラットな関係が築けています。